安心と安全をお客様へ

有限会社けんぽくは、食品の定温輸送を主とする「地域密着型」の運送会社です。特に温度管理を必要とする繊細な商品の配送を得意としています。冷凍機・加温機付きの車両には2系統4チャンネルの温度記録計を設置し、トレーサビリティにも対応できるようにしております。

車両はすべて「クラウド型デジタコ」(トランストロン社製。ITP-WebService。富士通にて取り扱い)を装備し、現在地をはじめ各車両の運行・作業状況をリアルタイムに把握。同時に内蔵されたドライブレコーダーで走行状態を撮影・記録。現地の天候、走行の様子を確認したり、お客様の「商品は今どこに?」との問い合わせにも対応できるようにしております。

NTTドコモさんのシステムとサンコーテクノさんのソフト、機材、タニタさんの機材を使用して「顔が見える」電話点呼(アルコールチェック)の運用をはじめて早1年半。
事務所側も24時間365日運行管理者が在駐する体制となり、深夜早朝の安全運行をより確実なものにしております。
ドコモシステムさんのHPで、当社の導入事例が掲載されております。

https://www.docomo-sys.co.jp/products/doco-car/cstudy/cstudy39.html

新型ウイルス(COVID-19)感染予防にも力を入れております。出社時、社員全員の検温を徹底。「温度測定顔認証端末(DG-T104 ダイワ通信)」を用い、顔認証と検温を出社時最初に行い、体温に異常がないことを確認。状況は管理者のパソコン画面にリアルタイムで表示され、本人の健康と職場の安全を図っております。

温度測定端末の詳細は https://daiwawa.com/security/heat-tracker でどうぞ。

トピックス

  • 自動車安全運転センターより、優秀安全運転事業所(銀賞)の表彰をいただきました。(11/5)
  • ダイワ通信社製「温度測定顔認証端末 DG-T104」を導入しました(9/30)
  • 交通エコロジー・モビリティー財団の「グリーン経営認証」の継続審査、合格しました。(6/22)
  • 令和2年度運輸安全マネジメントを発表しました(4/1)
  • 日本健康会議より、「健康経営優良法人2020(中小規模法人部門)」に認定されました!        (2020年3月2日)
  • 「健康経営」の一環として、A&D社の血圧計を導入しました。祝日にもかかわらず納入・設置していただいたシバタ医理科の所長・福岡さん、ありがとうございました。(10/22)
  • 9月4日付けで、「健康経営」を宣言したことを認定されました!社員一人一人の健康増進を積極的に取り組んで参ります。(「健康経営」はNPO法人 健康経営研究会 の登録商標です)
  • 9月、新車三台が納車されました。あれ、もう一台は・・・(月末の予定みたいです)
  • 台風15号の被害に遭われた皆様、心よりお見舞い申し上げます。
  • 「健康経営」宣言に向け、第一種衛生管理者を加えてのプレミーティングを開催。活動を本格化させます。(7/11)
  • 4月1日より、東京海上日動火災保険さんの「GLTD(団体長期障害所得補償保険)」に加入(調印済み)、さらなる福利厚生の充実を図ります。今年は頑張って経産省の「健康経営」認証取得に向け、勉強して参ります。この保険の仕組みは https://www.tmn-gltd.jp/ に載ってます。
  • 連絡先として ツイッター、LINEアカウントを準備しました

今日のけんぽく

自動車安全運転センターより、優秀安全運転事業所(銀賞)の表彰をいただきました。

IMG_1

自動車安全運転センター 佐藤所長様(右)と弊社・新斗米社長(11/5)


自動車安全運転センターより、優秀安全運転事業所(銀賞)の表彰をいただきました。ありがとうございます!表彰および楯の授与式は例年、最寄りの警察署(ここだと大館警察署)で行われるのですが、今年は「感染症拡大予防」のため、自動車安全運転センターの佐藤所長様が各社を訪問する形で行われました。当社は毎年8月に社員全員の「運転記録証明書」を取得、直近5年の違反等の記録を確認します。入社2年以降になると「さて、この一年は無事故無違反だったかな?」と自身の運転を振り返る機会になり、会社としても「現に有効な免許を持って業務に当たっているか」を正式に確認する手段となります。
業務中の「違反」に関しては報告が上がってくるので分かるのですが、プライベートの時の運転に関しても状況が分かるので記録の取得も本人の同意のもと行います。もし違反があれば、本人に直接確認し、安全運転を促します。会社として「銀賞」というのは「直近一年間の違反者がごくわずか」ということ。公私を問わず「安全運転」が浸透している証拠になります。運行管理者としては「目指せ無事故無違反。目指せ金賞」が目標になります。

これからも一層の安全運転を心がけて参ります。

2020年11月05日
» 続きを読む