ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

残暑お見舞い申し上げます

今日8日は「立秋」。でも、この暑さって・・・。北国とは思えない気温です。(猛暑日です)

甲子園は秋田中央高校が出場。昨日0-1で惜敗となりましたが、球児にとってはきっといい思い出になるでしょうね。見ていた私たちに、元気を与えてくれました。お疲れ様でした。

当社に来てくださるかたでも「秋田中央高野球部OB」の方が1名。県予選も応援に行き、肌は真っ黒。後輩たちの活躍にもう大喜びで、「甲子園、私も行ってきます。うまい具合に有給が使えるんで。OBたちとは連絡もついてますし」と。きっとアルプスで応援してたんだろうなあ。

東北の大きな夏祭りも大体終わり、この後は静かにお盆行事。旧盆に合わせていろいろ動くので、ちょうどこの後が「帰省ラッシュ」。今年は8/10~18までのお休みも取れる会社もあるようで、いつも以上に帰省客が増えそう。従って、当社の配送も11日店着分あたりから物量がはじけます。これに向けて部長中心に厚い配車体制がセットされ、私たちの夏もピークを迎えます。

何はともあれ帰省客の皆様、久しぶりのふるさとを満喫してください。

2019年08月08日

アンケート

先日、アンケートがやってきた。

「東京オリンピックの交通渋滞対策に、何かよい提言・対策はないですか-----」という内容。当社は(現在のところ)直接首都圏にトラックで乗り入れる仕事は行っていない。一瞬「うちは関係ないなあ」とは思ったものの、「コンパクト・シティ」「会場間の移動の利便性」を世界に約束した関係で「運送会社さんも協力してね」というメッセージなのかなと思い一応内容を読んでみる。ふむふむ・・・

結論から言えば現状で当社の配送コース外なので、という答えになってしまうのだが、海外の賓客を迎えたときのように毎日首都高を全面通行止めにするわけにも、周辺のコンビニさんに「営業自粛」を求めるわけにもいかない。企業だって社員さんの出退勤があるし、そもそもオリンピックがあるからとすべての経済活動は止められない。宅配便も集荷配送がある。緊急車両だって・・・と考えると「最初から無理があったんじゃないのかな」なんて意地悪なことを考えてしまう。

「働き方改革」実施中だから、「オリンピック休暇」があってもおかしくないとは知人の言。休める会社、リモートや在宅勤務が可能な職種であれば対応は可能でしょうけど、物流は「現業」ですから・・・。

荷主様や顧客の協力を仰ぎながら、柔軟に対応する。そう書くのが精一杯でした。はっきりしない対応なのはわかってますが・・・。

2019年07月22日

グリーン経営認証

IMG_0075

公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団によるグリーン経営定期認証審査、無事通過いたしました。これで2020年の期限まで資格を維持することとなります。写真はグリーン経営認証を推進する中心者の伊藤さんです。

化石燃料を使っての「仕事」。自分たちの心がけ一つで地球環境や資源の保全につながるという自覚を持ったのは、この認証制度に取り組むようになってからと言っても過言ではありません。一人一人がアクセルワーク・一定速度での運転など「より地球に優しい運転」を心がけ、整備にあっても排ガスの色やにおいを細かくチェックして公害物質の発生を極力抑える・・・最初は「うわあ・・・大変そう」と思ったものですが、認証・継続審査・認証審査・そして認証というサイクルを7度繰り返すうちに、エコドライブが自分たちの「当たり前(スタンダード)」になりました。「身についた」という方が近いかも知れません。油脂、消耗品購入に当たっても、業界の情報をしっかりと調べ、軽油・オイル・尿素の性能をきちんと見極めるように心がけています。

東欧では「電気トラック」が実用化されています。日本はまだ(一部メーカーを除き)「電気自動車」でとどまっていますが、エコ先進国の取り組みは参考になることが多くあります。日本でもそのうち、今以上の性能を持つ「水素トラック」や「電気駆動のトラック」なんかが生まれることでしょう。産官学一体の技術開発を期待します!基礎研究ならお手伝いしますよ!!

美しい地球を、子や孫に残すために。温暖化を防ぐために。

2019年07月06日

ライン引き

IMG_0066

梅雨の晴れ間に駐車場のライン引き。

本当は5月に行う予定だったのだが、手持ちの「ライン引き機」(写真)専用の「カートリッジ(ペイントスプレー)」が売り切れ。古くからやっている老舗通販ブランドなので、入荷したらメールくださいとお願いするも1ヶ月待っても何の音沙汰なし。これにはさすがに・・・で、直接問い合わせしたら「入荷は9月の予定です」とにこやかに。だめだこりゃ、とあきらめて、新興の、昔話に出てくる主人公の名前のような現場用品通販会社サイトでちょっとお高めなライン引き機、カートリッジを購入。3日で届く。正確な天気予報と部長の気合いで無事、晴天の中での作業となりました。

昨年引いて薄くなったラインの上を重ね塗りすると、駐車場全体がなんとなく明るくなったような。これで雨天や夕方などでも安全に駐車ができる。本来「春の作業」が2ヶ月遅くなってしまい申し訳ない気持ちでいっぱいなのだが、今度は雪が降る頃カードリッジを発注して春には間に合わせようと心に誓う調達担当なのでした。

2019年06月22日

温度管理

IMG_0063

西日本から東日本の広い範囲で「梅雨入り」が発表されました。近年は雨の降り方が激しくなり、この時期は水害のニュースを目にすることが増えた気がします。皆様もくれぐれもご留意ください。

梅雨時期。湿気が高くなる。夏が近づくにつれ気温も高くなる。物流、特に冷凍/冷蔵食品を運ぶ当社にとっては荷扱いに特に気を遣う時期となります。トラックの冷凍機は年に2回の健康診断・・・4月の「シーズン・イン点検」と10月の「シーズン・アウト点検」・・・を必ず受けます。1台に付き半日~1日かけ、冷凍機屋さんに徹底的に点検・整備してもらいます。安心して商品を運ぶためには、この点検整備は不可欠です。

それ以外に「不調を見抜く」ために、デジタコについている温度記録計と外付け(チノー社製)の温度記録計を用い、2系統4チャンネルの「温度記録」を全車に設置し、デジタコでは「日々」、記録計では週に一度徹底した「温度記録の確認作業」を行っています。写真はチノー社製の「カードロガー」(温度記録計)からパソコンに一週間の温度記録を読み出す作業をしている時のスナップです。毎日、毎週グラフの波形を見ていると、「ん?デフロスト時間長いな・・・ホットガスの戻りは大丈夫?フィンに霜ついてない?」とか「コンプレッサー周り点検入れようか」という「ちょっとした異常」がよく分かります。地味な作業ですがお客様の大切な荷物を安全に運ぶためには、ドライバーさんは現場で、事務方はパソコン上で点検を怠りません。見えないものを見抜く。日々精進しています。

2019年06月07日
» 続きを読む