ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

消防訓練

IMG_0202

朝晩寒くなってきました。事務所では朝晩ファンヒーターが活躍しています。そうなると、気をつけなければいけないのが「火の用心」。今日は消防訓練を行いました。

まずは避難訓練。第二プレハブ事務所から出火、初期消火に当たるとともに第一/第二冷蔵庫棟で作業中のメンバーに火事ぶれを行い全員避難、というシナリオで行いました。毎年訓練はしているものの、参加メンバーは真剣そのもの。全員がスムーズに避難完了。

続いて消火訓練。消防署からお借りした消火器(水入り)で火元(カラーコーン)を狙って消火。消火器の重さもさることながら、片手でのホース操作はちょっと慣れが必要です。当初は「余裕でしょ」と思ったものの、案外難しいと感じる人も多かったです。

最後に安全管理者の石田さんから話があり、無事終了しました。

備えあれば憂いなしと言われます。確かに、消火器などの「機材」は法令よりも少し多めに準備してありますが、やはり「定期的な訓練」は大事。知識も大事ですが「経験(訓練)」も絶対大事です。軽油の地下スタンド、可燃物(タイヤやオイル)の保管施設、何より「トラックそのもの」が大きな可燃物でもあります。使用や取り扱いには細心の注意を払い、万が一の事態に常に備えていこうと確認した一日でした。

2020年10月28日

「体温は正常です」

IMG_0193

新型ウィルス「COVID-19」感染拡大以来、当社ではハンディタイプの温度測定器で検温を実施していました。測定ボタンを押し、結果を確認し、名簿に体温を転記する・・・確かに難しい仕事ではありませんが、機械1台、一人の操作となると案外大変な作業になります。今までは点呼執行者が行っていましたが、出勤者が集中する時間には正直検温が後回しになる危険性がありました。

機械に任せられることは任せた方が、より安全・安心に仕事が始められるし、測定時刻、測定時の写真付きの記録があったほうが荷主様への信頼も増すという判断で、自動でできる機械を探しました。それこそ「ピンキリ」の製品情報が入り乱れる中、業界紙(物流ウイークリー)での記事を呼んでダイワ通信さんの機械に興味を持ちました。メーカーに問い合わせし、担当さんからお話を伺い、会社近くの販売会社(取扱会社)を紹介していただきました。当初は90日前後と言われた納期もタイミングよく3週間で入荷し、設置、ファームウエア書き換えなどの作業を経て9/30から稼働。顔認証のための登録作業も一週間で終わり、現在は本格的な稼働となっています。

使ってみてよかったのは、点呼執行者の労務の軽減が(少しでも)できたこと、記録が完璧なこと、測定時の写真を見て「疲れはたまってないかな?」と確認ができること。何より「検温前にアルコールチェックをすることができなくなったため、感染の可能性のある状態で検知器に息を吹きかける事故がおきない」環境を整備することができ、万が一の「感染拡大」を防ぐ仕組みを作れたことに安堵しています。

これから寒くなり、インフルエンザの流行も懸念されます。今年は会社での「予防接種全額補助」も決まり、自身や社員さんの家族の健康管理も例年以上にしっかり行っていければと思っています。

2020年10月08日

入念に

IMG_0192

入ってすぐ、点呼さんのスペース。現在は飛沫防止用フィルムに囲われている。来訪される方によっては「マスクなし」の場合もあるので、念には念を。右脇の下から扇風機とサーキュレーター2台で冷えた空気を中に送り込むので意外と快適。もし来年の春までCOVID-19の感染が深刻な場合は、夏に向け中に専用の小型エアコンを取り付けようかと思案中。ドライバーさんへの業務指示なども内側から行うので、「声がちゃんと届くか、聞き間違えはおきないか」心配でしたが、そこはちゃんとした飛沫防止用の専用フィルムだけはあり、音はきれいに届く。餅は餅屋というけれど、近所の量販店で農作業のフィルムでもいいのかなと思ったものの、ちゃんとした業務用のものを取り寄せて大正解。これで来客者からの飛沫防止・感染予防を抑えることができると安心しております。

二つ目の大きな「感染の波」(なんで「第二波」と明言しないのかはおいといて)も収束に向かっているように見えるこの頃。心配なのは「インフルエンザ」との同時流行。ワクチン接種は「会社補助」が毎年出ますが、今年は市町村からも支給される。ただ社員さんの住所(居住地)によっては対象外の地域もある。頑張れ地方自治体!と言いたいところですが、自然減/社会減による大幅な人口減少を抱える我が地域では特定自治体の一部補助が精一杯。じゃあ、会社が社員全員に全額補助!となると税務署や年金事務所から「これは補助ではなく、給与の一時(先)払いに当たるので課税対象です」と言われる。うーん・・・なんとかなりませんかねえ?

2020年09月14日

41.1

残暑お見舞い申し上げます。

静岡県浜松市で最高気温が 41.1度(8/17 12:10現在)と、「日本での最高気温タイ」を記録しました。残暑というより「今が酷暑の季節」といった感じです。皆様の地域はいかがでしょうか?秋田北部は本日も天気が悪く、雲が空を覆い時折雨が降る・・・梅雨を感じさせる天候となっております。東北北部の梅雨明けは「なし(発表されず)」だったので、もしかしたら本当に今も「梅雨時」なのかと疑ってしまいそうです。このあと気象庁が全国の「梅雨入り・梅雨明け日」の点検・精査作業を行うそうですが、最終的にどう判断されるのかかなり興味があります。

COVID-19感染拡大防止に伴う「あたらしいお盆の過ごし方」が強調されたこの夏、帰省を断念された方も多かったと思います。帰省客を「迎える側」の本県ですが、やはり帰省された方は少な目。地元の飲食店もちょっと元気がなかったように見えました。弊社お取引先のお客様の物量は「堅調」で、今年のお盆も全力で対応させていただきました。社員さんの中にも「息子夫婦が帰ってこないからさみしいなあ」と話していた人もいますが、文明の利器・携帯電話で「リモート帰省」「リモートお盆」を楽しんだようです。年末はどうなるんでしょう・・・・?例年以上の「帰省ラッシュ」が起こることを望みますが、感染状況が急転換することは・・・分かりませんね。どこにいても「健康」であることを祈るしかありません。早く普通の日常が戻るように!アマビエさんにお願いしましょうか?

皆様もくれぐれも「熱中症」、「感染症」にならぬようご自愛ください。

2020年08月17日

暑中お見舞い申し上げます

IMG_0183

帰ってきたばかりのところを、1枚。「ごめん、一瞬マスク外して!」とお願いする2020年の夏。

 

本来は 梅雨が明けてから が正しいと言われていますが、なかなか明けないので・・・

暑中お見舞い申し上げます。

 

北東北もしっかり梅雨空。雨もしっかり。ここ数年では久々の「ちゃんとした梅雨」を過ごしてます。昨年までと大きく違うのは、暑くても熱くても蒸れても「マスク」の装着を励行していること。3密が避けられる状況や荷主様からOKをいただいている場所以外はしっかりと対応しています。ただ、正直暑い。でも安全のため、自分を、家族を守るために頑張っております。運転中、ドライバーさん一人の時はマスクは外します。エアコンの風で顔を冷やして、水分補給して、またマスクをしてお客様のところへ。慣れてきたとはいえ、大変なのも事実です。早くワクチンや治療方法が確立してくれないかなと切望する日々です。

今日は「COVID-19が流行していなければ」東京オリンピックの開会式が行われる日(20:00~)。なんともさみしい感じがしています。世の中は開会式に合わせて4連休中。旅はしたいけど感染拡大が心配、という状況で、隣県に行くのも気が引けます。特にお隣・岩手は感染者がまだ出ていませんので。政府のGo Toキャンペーンはスタートしていますが、仕事柄なんとなく「Stay Home」感が強いです。せめて地元の食べ物屋さんに行ったり、日帰り温泉で疲れをとったりしたいなと思っています。

 

2020年07月24日
» 続きを読む