ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

謹賀新年

あけましておめでとうございます。 令和3年

行く年来る年でもありませんが、仕事が365日/24時間なので、「年またぎ」の感覚が今ひとつありません。私は元日にお休みをいただきましたが、それ以外は「平常モード」。テレビでお笑い芸人がたくさん出てるなあ、とか、いつもの時間にニュースが始まらないなあということで、「あ、年末年始の番組編成か」と実感する程度。うちに帰ると紅白が始まってたりと、気持ちの切り替えがどうもうまくいきません。もっとも「今日は元旦だから、ご飯食べなくてもいいよねー」とか、「健康のために、休日だけど休肝日」という方がいらっしゃれば別ですが、時間がたてばおなかはすくし、休み、ましてやお正月ならちょっとお酒でも・・・という気分になるものです。ですので年末年始は、配送する物量も増え、忙しくなっております。堅調な消費行動で、私たち物流業者の生活も成り立っていますので、感謝でいっぱいです。

ただ、昨年からの「COVID-19」の世界的流行による各種業種の業績悪化などもありますし、特に飲食店様、観光業様、各種イベント会社様の苦戦は実感しておりますし、何よりも医療従事者の皆様、エッセンシャルワーカーの皆様のご苦労も分かっているつもりです。このウイルスの嵐が一日も早く終息を迎えることを心より祈る日々です。

延期になった「TOKYO2020」の開会式まで今日がちょうど200日前。そんな中、一都三県への「緊急事態発出の要請・検討」というニュースもあり、まだまだ明るさが見通せない日々。感染防止のためにも「まず、自分ができること」をしっかりと行い、見えない敵と戦っていきたいと思っております。

地域発展のために、一年間努力を重ねて参ります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2021年01月04日

師走

いつもと違う一年も、あと3週間ちょっと。今年増えたこと(もの)と言えば、出社してから自席に着くまでの間にいろんな「関門」が増えたこと。自家用車から降りる前に、「マスク装着」。風除室のドアを開けて、靴を脱いだりはいたりしてから「手指のアルコール消毒」。おはようございますと事務所内に入るとすぐ「検温」の後、アルコールチェック。ある意味よい習慣になりました。机の上、キーボードを拭いた後「アルコールで再度消毒」、ふきんを洗って「手を洗い」「アルコールジェル」で手指をマッサージしながら乾燥させる。・・・書き出してみると、これだけでも十分「ひと仕事」なんですね。もう大分慣れましたけど。おかげで元気に過ごしております。

洗面所周りで変わったことと言えば、今年は「石けん(当社は薬用ミューズが定番)」の減りが早いかな?ペーパータオルも使用量が増えているので、みんなにも「手洗い励行」の打ち出しが浸透しているのかなと思います。あれ?うがいはしないの?と思われる方もいらっしゃると思いますが、こちらの薬剤の減り方は例年通り。いつもは「うがい」だけ気を遣ってたけど、手洗いも大事なんだ・・・と、気づかされた一年。インフルエンザの予防接種も市町村の補助プラス残金会社全額補助の効果もありおとといまでに全員が接種。うん。できることはしっかりと。あとは密を避け、会話の際もマスクを忘れず、「接待を伴う・・・」場所は縁がないので行かない(し、そんな店近所にない)し、繁忙期に入るので旅行には行きにくい。落ち着くまでは細心の注意を払っていこうと声かけ合っています。

ただこもりすぎるとストレスがたまる。同僚に聞くと「ネットでドラマ見る」人が結構多くなりました。なんとかプライムとかなんとかフリックスとか、今年加入した人も結構います。時代ですね。

とにもかくにも、感染症には十分に留意して無事故で明るい日々を過ごしたいものです。

 

2020年12月09日

自動車安全運転センターより、優秀安全運転事業所(銀賞)の表彰をいただきました。

IMG_1

自動車安全運転センター 佐藤所長様(右)と弊社・新斗米社長(11/5)


自動車安全運転センターより、優秀安全運転事業所(銀賞)の表彰をいただきました。ありがとうございます!表彰および楯の授与式は例年、最寄りの警察署(ここだと大館警察署)で行われるのですが、今年は「感染症拡大予防」のため、自動車安全運転センターの佐藤所長様が各社を訪問する形で行われました。当社は毎年8月に社員全員の「運転記録証明書」を取得、直近5年の違反等の記録を確認します。入社2年以降になると「さて、この一年は無事故無違反だったかな?」と自身の運転を振り返る機会になり、会社としても「現に有効な免許を持って業務に当たっているか」を正式に確認する手段となります。
業務中の「違反」に関しては報告が上がってくるので分かるのですが、プライベートの時の運転に関しても状況が分かるので記録の取得も本人の同意のもと行います。もし違反があれば、本人に直接確認し、安全運転を促します。会社として「銀賞」というのは「直近一年間の違反者がごくわずか」ということ。公私を問わず「安全運転」が浸透している証拠になります。運行管理者としては「目指せ無事故無違反。目指せ金賞」が目標になります。

これからも一層の安全運転を心がけて参ります。

2020年11月05日

消防訓練

IMG_0202

朝晩寒くなってきました。事務所では朝晩ファンヒーターが活躍しています。そうなると、気をつけなければいけないのが「火の用心」。今日は消防訓練を行いました。

まずは避難訓練。第二プレハブ事務所から出火、初期消火に当たるとともに第一/第二冷蔵庫棟で作業中のメンバーに火事ぶれを行い全員避難、というシナリオで行いました。毎年訓練はしているものの、参加メンバーは真剣そのもの。全員がスムーズに避難完了。

続いて消火訓練。消防署からお借りした消火器(水入り)で火元(カラーコーン)を狙って消火。消火器の重さもさることながら、片手でのホース操作はちょっと慣れが必要です。当初は「余裕でしょ」と思ったものの、案外難しいと感じる人も多かったです。

最後に安全管理者の石田さんから話があり、無事終了しました。

備えあれば憂いなしと言われます。確かに、消火器などの「機材」は法令よりも少し多めに準備してありますが、やはり「定期的な訓練」は大事。知識も大事ですが「経験(訓練)」も絶対大事です。軽油の地下スタンド、可燃物(タイヤやオイル)の保管施設、何より「トラックそのもの」が大きな可燃物でもあります。使用や取り扱いには細心の注意を払い、万が一の事態に常に備えていこうと確認した一日でした。

2020年10月28日

「体温は正常です」

IMG_0193

新型ウィルス「COVID-19」感染拡大以来、当社ではハンディタイプの温度測定器で検温を実施していました。測定ボタンを押し、結果を確認し、名簿に体温を転記する・・・確かに難しい仕事ではありませんが、機械1台、一人の操作となると案外大変な作業になります。今までは点呼執行者が行っていましたが、出勤者が集中する時間には正直検温が後回しになる危険性がありました。

機械に任せられることは任せた方が、より安全・安心に仕事が始められるし、測定時刻、測定時の写真付きの記録があったほうが荷主様への信頼も増すという判断で、自動でできる機械を探しました。それこそ「ピンキリ」の製品情報が入り乱れる中、業界紙(物流ウイークリー)での記事を呼んでダイワ通信さんの機械に興味を持ちました。メーカーに問い合わせし、担当さんからお話を伺い、会社近くの販売会社(取扱会社)を紹介していただきました。当初は90日前後と言われた納期もタイミングよく3週間で入荷し、設置、ファームウエア書き換えなどの作業を経て9/30から稼働。顔認証のための登録作業も一週間で終わり、現在は本格的な稼働となっています。

使ってみてよかったのは、点呼執行者の労務の軽減が(少しでも)できたこと、記録が完璧なこと、測定時の写真を見て「疲れはたまってないかな?」と確認ができること。何より「検温前にアルコールチェックをすることができなくなったため、感染の可能性のある状態で検知器に息を吹きかける事故がおきない」環境を整備することができ、万が一の「感染拡大」を防ぐ仕組みを作れたことに安堵しています。

これから寒くなり、インフルエンザの流行も懸念されます。今年は会社での「予防接種全額補助」も決まり、自身や社員さんの家族の健康管理も例年以上にしっかり行っていければと思っています。

2020年10月08日
» 続きを読む